夫が死別して寂しい!話し相手もいない人の立ち直り方とは

 

最近では3組の内、1組が離婚しているとされ、離婚する女性は珍しいことでは有りません

 

しかしながら、予期せぬ悲しい病気、事故などで夫と別れなければならないケースも現実に、あります

 

それが、夫の死別による別れです

 

今回の記事では

  • 夫と死別した妻のリアルな寂しい現状
  • 夫を亡くした人の立ち直り方

に関して具体的に解説していきます

夫とを亡くした妻の気持ち

旦那が急死して生きるのが辛い

夫の死別は、突然やってきます

 

長年、病に伏していても突然に病気が悪化して予期せぬ早い別れが訪れる場合もあります

 

また、事故、事件の場合には、今朝元気に出掛けた旦那が全く違う姿で帰ってくる…想像しただけで辛い現状です

 

妻の立場としてのショックも大きいですが、未だ子供が小さい場合も多いです

 

この小さい子供を、明日から、どのように育てて行けばよいのか?

 

悲しみの中でも、現実は待ってはくれません

 

突然に母子家庭に、なった厳しい現実が、この瞬間から降りかかるのです

 

頼れる実家が近くにある場合は未だ、良いのですが、頼れる身内や友達がいない女性も居ます

 

明日からの生活を考えると、悲しい中でも、自分が働かなければ…と気を奮い立たす女性が多いのも事実です

 

この辺りの強さは、男性以上であると言えます

夫の死別で、ひとりぼっちの寂しさ

夫と死別して孤独を感じるのは、普段の日常生活をしている時が多いです

 

今までは、買い物に行っても楽しく二人で品物を選んで、子供とも楽しい買い物だったはずです

 

それが、一転して買い物も子供を抱えながらの、一人で重い荷物を抱える現実

 

また、周りの家族連れの楽しい様子を見るに従い、自分への悲しみ、無力さを感じてしまうものです

 

食事の時にも、毎日あった出来事を夫婦と子供とで、話す一番の至福の時だったはずです

 

それも一転して、夫がいないことから、子供も元気がなく、寂しい、暗い食事になりがちです

 

特に子供が未だ小さくて、夫の死を理解していない場合は、一層悲しみが襲ってくるものです

 

夫が亡くなり話し相手がいない

夫が性格的に無口で、余り喋らない男性だったとしても、妻である、あなたとの会話、あるいは子供との会話は多かったはずです

 

夫婦ですから、ケンカすることもあったでしょう

 

しかしながら、夫婦だからこそ、悩みを共有して、他人に言えないようなことも夫婦二人で協力して乗り越えてきたはずです

 

自分にとっての最大の理解者である

 

夫が亡くなり、話し相手がいない

 

現実は、夫の死後すぐに受け止めることは出来ません

 

  • 食事の時
  • 帰宅した時
  • 買い物に行った時
  • 子供のイベントが有った時

には、特に夫の死が現実問題として蘇ります

 

友達、両親が近くに住んでる時には良いのですが、周りに気さくに話せる人が居ない女性もいます

 

そんな時には、夫を亡くした悲しみ、辛さ、孤独感を一人で抱え込んでしまうケースが多いです

 

悲しみを受け止めることは大事ですが、そのことが原因で精神的な病を患う女性も多いです

 

無理に、一人で抱え込むことは止めて、早めに専門家に相談することをオススメします

夫と死別してもやるべきこと

夫と死別しても、悲しみの一方で、現実にはしなければならないことが山のように待ち構えています

夫が亡くなった時に、やるべきこと

悲しみに、うちひしがれる気持ちとは裏腹に、現実問題として行政への手続きを始めとして、やらなければいけないことが沢山あります

14日以内にするべきこと

死亡届出の提出 死亡後7日以内
死体火葬埋葬許可申請 死亡届と同時
世帯主の変更 死亡後14日以内
健康保険の資格喪失届出 死亡後14日以内
国民健康保険加入手続き 死亡後14日以内
児童扶養手当の認定請求 世帯主の変更届と同時に行う
国民年金・厚生年金の資格喪失届出 死亡後14日以内

1年以内にすること

相続放棄・限定承認の申立 相続開始があったことを知ってから3ヶ月以内
故人の所得税の準確定申告 相続開始があったことを知った人の翌日から4ヶ月以内
相続税の申告 相続の開始があったことを知った翌日から10ヶ月以内
遺留分侵害額請求 相続開始または遺留分の侵害があることを知ってから1年以内
相続開始から10年以内

 

悲しい気持ちで精神的に病み、やらなければいけないことは理解しながらも自分では、出来ない精神状態に陥ることもあります

 

その時には、お金は掛かりますが、専門家に委ねるのも、一つの選択です

 

あなたが倒れてしまえば、子供は、どうすることもできません

 

それを考えた場合、お金を掛けても専門家に委ねて、子供と時間を共有する方が精神的には健全です

夫を亡くした人の立ち直り方

夫を突然、亡くした悲しみを乗り越えて、子供も立派に育てている女性も沢山います

 

夫を亡くしたあとの、立ち直り方について解説します

1人で抱え込まない

悲しみを1人で抱え込むと、上述した通りで、あなたが精神的に病んでしまいます

 

その状態になると、子供の世話を含めて、自分だけでは解決できない問題も生じてきます

 

人間は、誰しも悲しみを経験するものです

 

夫を亡くした悲しみは周囲の心ある人は理解してくれています

 

そんな友人、親が居る場合には、遠慮せずに人に頼るのも大事なことです

 

お世話になった人には、その恩は忘れないようにして、返せる時に返せば良いのです

 

心ある人は、恩着せがましい事は言わないです

 

本当に、あなたの苦しみ、悲しみを理解してくれているからこそ、手を差し伸べてくれているのですから。

 

今の苦しい、悲しい状況を抜け出す為には、助けてくれる人に頼ることも大事です

自分を責めない

夫が亡くなったのは、自分の責任だ!と思い悩んでいる人も多いです

 

しかしながら、厳しい現実ですが、夫が亡くなったのは、それも運命だったのです

 

運命は始めから、決まっていると言われています

 

夫は、生きている人生は短かかったかも知れませんが、太く充実した人生を生ききったのだ…とあなたが信じてあげて欲しいです

 

そうでないと、夫が浮かばれませんし、残された子供にも敏感に伝わるものです

孤立しないよう注意する

夫を亡くすと、悲しみやショックで精神的に病み、自宅にこもる女性も多いです

 

誰とも会う気もせずに、誰かと会うと自分の事を話しているような被害妄想を起こす女性まで居ます

 

確かに、なぜ自分だけが、こんなことに…との考えになるのが当然です

 

それでも、一定の期間を過ぎれば勇気を出して、外に出ることをオススメします

 

自宅にこもる、あなたを心配している人は沢山居ます

 

それでも、自宅にこもっている女性には声を掛けづらいものです

 

みんな、心配して、あなたの事を気に掛けています

 

自宅にこもる期間が長くなると、周囲の人も、どうしたら良いか分からない状態になります

 

そうなると、周りの人と孤立してしまう状態になります

 

あなたは、子供を育てて行かなければなりません

 

それが志半ばで亡くなった旦那さんへの、恩返しにもなるのです

まとめ:夫が死別して寂しい時の解決法

記事のポイントをまとめておきます

 

夫と死別すると寂しい、悲しい、つらい気持ちになるのは当たり前

  • 現実を受け入れるのに時間がかかる
  • 仲良く暮らしていた人ほど孤独を感じる
  • 話し相手がいなくなってつらく感じる

 

死別したあと、やらなければならないことはたくさんある

  • 精神的に病まないことが一番大切
  • 行政書士などの専門家に頼む

 

夫と死別した人が立ち直る方法

  • 1人で抱え込まない
  • 自分を責めない
  • 孤立しないよう心がける

おすすめの記事