一人暮らしで寂しい社会人生活はいつまで続く?孤独の解決方法

 

一人暮らしで寂しい社会人の方へ

 

コロナが流行り始めた2020年以降に、社会人の方は、在宅ワークが中心となり、会社に行くことも禁止されて孤独感を抱えて悩んでいる人が多いです

 

今回の記事では、

一人暮らしが寂しくなる原因と解決策

ついて記事にしていきます

一人暮らしで寂しい社会人とは

先ずは、社会人が寂しさを感じている割合に関して調べてみました

マイナビウーマン

出典:マイナビウーマン

一人暮らしが寂しい男性の社会人

マイナビライフサポート結婚相談所

 

出典:マイナビライフサポート結婚相談所

 

独身男性の場合には、意外と寂しいと感じる人は少ないです

  • 寂しさを感じる男性は4割
  • 寂しさを感じない男性は6割

と、いうことが上記データから判明します

 

このデータはコロナ渦以前のデータですから、当然、寂しい割合は、今は増えていることが予想されます

一人暮らしが寂しい女性社会人

正社員で長く働きたい女性のための転職サイト

 

出典:正社員で長く働きたい女性のための転職サイト

 

上記データで見る限り、女性の場合は

  • いつも寂しいが8%
  • 時々寂しいが58%

と、合計すると寂しさを感じる女性の社会人は70%近いことが分かります

 

男性の社会人と同様に、コロナの影響で、この割合は高まっていることが予想されます

 

特に一人暮らしの社会人女性は、仕事に追われ、私生活でも他人と会うことも制限されて寂しい割合は増えていることが予想されます

一人暮らしが寂しいと泣く社会人も多い

大学時代は実家から通い、家族の存在が有りました

 

しかしながら、社会人になって勤務地の関係で一人暮らしを始めた社会人は男女問わず多いです

 

コロナの影響で、人とも会えずに、また親元にも帰省することが出来ずに、寂しい気持ちから泣いてしまう社会人は男女問わず、たくさん居ます

社会人一年目の一人暮らしは寂しい

社会人になって1年目は、未知の土地に暮らす不安と寂しい気持ちが入り乱れます

 

特に新社会人の場合は、慣れない仕事と人間関係で毎日がストレスの連続です

 

そんな時には、友人や親と会って話したいものの、コロナの影響で会うことさえ許されない毎日が続いています

 

新社会人の場合は、仕事を覚えることで精一杯です

 

また、大学生の時とは違い、複雑な人間関係のストレスで精神的にも病んでくる社会人も多いです

 

一人暮らしの社会人は、自宅に帰っても当然、部屋は暗いままの部屋です

 

その光景だけで、寂しい気持ちになりますよね

 

また、食事もコロナ渦ですから、必然的に一人で食べることが多くなります

 

ようやく訪れた休日も、仕事の疲れを癒すために、自宅にこもりがちになります

 

未知の土地の場合は、気軽に話せる友人も少ないです

 

この毎日が、いつまで続くのか?と考えた時に、不安、寂しい気持ちに襲われるのは一人暮らしを、している社会人ならば当然のことです

寂しい一人暮らしはいつまで続くのか

寂しい、不安な、一人暮らしが果たしていつまで続くのか、と悩み不安な毎日を過ごしている人も多いです

 

寂しい、不安な毎日は、コロナ渦が完全に収束するまで続くことは間違いないです

 

それでも、コロナ渦の中で、素敵な彼氏、彼女が見つかれば一人暮らしの寂しい気持ちは、かなり楽になります

 

一人暮らしの寂しい気持ち、不安感は、あなたの周りの状況が変化するまで続くことになります

 

幸い、コロナ渦の状況も改善されてきましたから、外出は可能になってきました

 

コロナに注意はしながらも、積極的に行動できる時期が来ました

 

一人暮らしの寂しい気持ちを吹き飛ばす為に、積極的に外に出掛けて、寂しい気持ちを少しずつ自分で無くしていくことが大事です

寂しい一人暮らしで「うつ」に

寂しい、一人暮らしが長くなってしまうと、孤独感を強く感じて、自分でも、どうしたら良いか、分からずに精神的に病み、「うつ」状態になる人も多いです

こころの健康情報局すまいるナビゲーター

 

出典:こころの健康情報局すまいるナビゲーター

 

「うつ」の状態になってしまうと

  • カラダが重い
  • 朝、起きられない
  • 夜、眠れない
  • 何をするにも邪魔臭い

などの症状が出てきます

 

特に一人暮らしの人は、自分では気づきにくいものです

 

単に疲れているだけだろう…と自分で解釈しがちです

 

しかしながら、「うつ」状態にまでなると治療にも時間が掛かります

 

仕事をしながら、うつの症状を治療するのは非常に困難です

 

自分で上記の症状に気づいた時には、先ず心療内科に行くことをオススメします

 

たとえ、うつ状態でなくとも、あなたの悩みを心療内科の先生に話すだけで、症状が改善されることもあります

 

過去には、心が病んで「うつ状態」になった人に対して

  • 気持ちが緩んでいる
  • 放置すれば勝手に治る

との、風潮がありました

 

しかしながら、うつ状態だけでなく、心の病を抱えている人は、あなたの周りにも沢山います

 

心の病は、見た目では分かりません

 

しかしながら、ここ10年位の間に、心療内科の存在も知られるようになり、周りの理解も得られるようになりました

 

うつ状態は、放置しても治るものではありません

 

良く、たとえ話で「うつ状態は風邪みたいなもの」と言われますが、そんな軽いものでは、ないのです

 

人によっては会社にも行けないほどの症状に、なる人も多いです

 

一人暮らしの場合は、頼る相手が居ませんから、異変を自分で感じた場合は、早めに専門家の治療を受けることをオススメします

一人暮らしが寂しい社会人に役立つグッズ

一人暮らしの人に、寂しい気持ちを少しでも和らげてくれるグッズを紹介します

グッズと呼べないものも有りますが、あなたの心が軽くなることは間違いありません

癒しの存在

本来であれば、一人暮らしの寂しい気持ち、不安な気持ちを癒してくれるのは、ペットの存在です

 

しかしながら、ペット不可の物件に住んで居る人も多いことでしょう

 

また、ペットを飼っていると友人との旅行にも行けなくなります

 

そこで、ペットでも小動物や、熱帯魚を飼うのもオススメです

 

コロナになってから小動物を飼う人が激増しています

 

特に、ハムスターは癒しの存在として、一人暮らしの気持ちを明るく、前向きにしてくれます

 

ハムスターなどの小動物であれば、ペット不可の物件でも可能ですし、旅行などにも行けます

 

仕事をしている、あなたの負担も、それほど大きなものはありません

 

自宅に帰って、出迎えてくれる小動物が居るだけで、帰宅が楽しみになった人も数多くいます

社会人の一人暮らしで病む前に

毎日寂しい孤独を克服する方法

毎日が寂しいと感じて、孤独感に襲われる人に、解決する方法を書いていきます

    一人暮らしに限らず、寂しい、不安な気持ちが強い人は

    人との関わりを避ける傾向

    が有ります。

     

    端的に言うと、交友関係、友達が少ない傾向にあります

     

    この特徴があっても、寂しい、孤独感に悩まない人も居ます

     

    実際、人間関係がわずらわしくて、一人の方が気が楽とのことで自分一人で過ごすほうが快適でストレスも溜まらないタイプの人も多いです

     

    しかしながら、殆どの人はコロナの影響で、人との関わりが極端に少なくなり、このことが寂しい気持ちを生み出し、孤独感を強めているのは事実です

     

    無理に人と会うことはありませんが、あなたが他の人と、話してみたい気持ちが有るならば、コロナの改善が見られる今が絶好のチャンスです

     

    あなたと同じように、一人暮らしの人は、寂しい孤独感を持つ人が多いです

     

    特に新社会人の人は、誰も頼る人が居ずに、あなたと同じ境遇に人も多いです

     

    この機会を逆にチャンスと捉えて、普段は会えなかった人に連絡を取り、会ってみるのも一つの方法です

    まとめ:一人暮らしの寂しい社会人の解決方法

    今回の記事を、まとめていきます

     

    1人暮らしで寂しい社会人

    1. 男女の違いについて
    2. 一人暮らしで泣いてしまう人も居る
    3. 「うつ」になってしまう人の解決方法

     

    一人暮らしのでも楽しめるグッズについて

    • 癒しの存在を求める

     

    一人暮らしが長引いてしまったら病むのか

    • 病まないようにするための行動
    • 具体例の提示

     

    一人暮らしの場合は、誰にも頼ることさえ出来ずに孤独感に襲われがちです

     

    特に親元から離れて初めて一人暮らしを始めた人に、この傾向が強いです

     

    孤独感に陥った人は、先ずは一歩でも、半歩でも良いので前に踏み出す勇気が必要です

     

    あなたが、前に進みださない限りは、厳しいですが状況が改善しません

     

    今は苦しいかも知れません

     

    しかし、この苦しみは、ずっと続くわけではないのです

    半歩でも、一歩でも昨日より前向きに進むことが大切です

    おすすめの記事