結婚できない不安「うつ、適応障害」を発症した人が取るべき行動

 

男女問わず、30歳に近づくと周りでも結婚する知人、友人が増えてきます

 

それなのに、自分は結婚どころか彼女、彼氏の存在さえ居ない…

 

親も結婚に対して圧力を掛けてくるようになるのが30歳です

 

自分を責めて

  • 結婚できない不安
  • 不安から、うつを発症

する人も少なくないです

 

自分は、結婚できないのでは、また、うつや適応障害を発症した場合に結婚を諦める人も出てきます

 

今回の記事では、結婚できない不安を解消し、「うつ」「適応障害」を発症しても諦めなければ結婚できる事を具体例を出しながら解説していきます

結婚できない不安でうつ病を発症

結婚コンシェルジュサービスの「Pairsエンゲージ」が2019年に、未婚のまま令和を迎えてしまった30~39歳の男女に行ったアンケートの結果が出ています

 

実に、婚活に取り組んでいる53.7%が

「自分自身の結婚に対してプレッシャーを感じている」

と答えています

 

マイナビニュース

マイナビニュース

 

また、CanCan.jpが、2018年に20~40代の女性154人に行ったアンケートの結果も出ています

 

30%の女性が

両親からの結婚に対するプレッシャーを感じる

と答えています

 

CanCan.jp

CanCan.jp

 

晩婚化が進んでいるとは言えども、30歳くらいになると周りでは結婚する人が増えるのは事実です

 

中には、結婚する友人の結婚式に呼ばれて、焦りを感じる人も少なくないです

 

また自分も焦りを感じてるのに、それに輪を掛けて、親や兄弟姉妹、親戚が

結婚は、どうするの?

との圧力を掛けてきます

 

中には、

早く孫の顔を見たい

との大きなプレッシャーを掛けてくる親も居ます

 

結婚できないかも?との不安は30歳を前後にして、段々大きくなってきます

 

その上で、周りからの想像以上のプレッシャーも掛かってきますから、結婚できない不安から「うつ」を発症する人も少なくありません

 

また2020年から流行し始めたコロナの影響もあります

 

結婚相手を探してるにも関わらず、リアルに相手と会う事が出来ないジレンマは多くの人が抱える悩みです

 

コロナも収まりつつありますが、まだ完全に収束には時間が掛かりそうです

 

そのこともあり、結婚できない不安は増々、大きくなっていきます

結婚できない不安症状「泣く」

結婚できない不安がコロナで一層、大きくなり「うつ」を発症する人が激増しています

 

そして、うつを発症した人の特徴として「泣く」ことが挙げられます

 

不安を感じた時に、自然と泣くことが増えた人は、うつの初期症状の始まりを疑い、勇気を出して心療内科の専門家の診断を受けることをオススメします

 

うつ病は、以前は「心の風邪」とも呼ばれ、軽く見られがちでした

 

しかし、コロナ渦において、他人との接触が殆ど無くなった今では、心の風邪なんていう軽いものでは、ありません

 

中には、悲しいことですが自分で自分を追い詰めて自死を選んでしまう人も居ます

 

幸いなことに、心療内科に対する、偏見もなくなり周りの理解も得られる状態に、なりつつあります

うつ病は「結婚できない」「結婚しないほうがいい」のか

結婚できない不安から、うつ病や適応障害になった人は、

 

結婚できないのでしょうか?

結婚しないほうがいいのでしょうか?

相手の理解を得ることが一番

結婚できない不安から、うつ病や適応障害を発症した人の中には、交際相手に自分の症状を隠す人が居ます

 

気持ちは良く理解できますが、あながが本当に、交際相手の事を真剣に考えているならば、今の症状を正直に打ち明けるべきです

 

当然ながら、理解してくれない相手も残念ながら居ます

 

しかし、交際相手との話が順調に進めば進むほどに、自分が「うつ」「適応障害」であることは言いにくくなります

 

また、相手からすると

今に、なってから言われても

との不信感を抱くのは当然です

 

うつ、適応障害になることは今は、珍しいことでも、恥でもありません

 

正直に話して、逆に、うつや適応障害を二人で乗り越えよう!と、絆が深まった男女も居ます

 

うつ、適応障害で

  • 結婚できない
  • 結婚しないほうがいい

なんて、考えは不要です

 

早く、自分の置かれている症状を素直に話して、相手に受け入れてもらえる事のほうが大切です

適応障害は結婚できない?結婚できるのか?

最近では、うつに並んで、適応障害の症状を発症する人も多いです

 

適応障害とは、強いストレスを感じた時に、心や身体に不調が起こり、日常生活に悪影響がでる状態のことです

 

女優の深田恭子さんも適応障害で活動を一時休止したことで、適応障害の認知度が良くも悪くも広がりました

 

適応障害の人も、うつの人と同様に

  • 適応障害は結婚できないのか
  • 適応障害は結婚できるのか

との大きな、不安や悩みを抱えて毎日を過ごしています

 

この状態が続くと、結婚相手を探す時だけではなくて、仕事にもプライベートにも支障をきたします

 

結論から言うと適応障害の人でも、結婚できますし、実際沢山の人が適応障害を二人で乗り越えているのです

 

うつ病と同様に、まだまだ周りの理解を得られないことが多いですから、公表を避けている人も居ます

 

それほど、うつ、適応障害を発症する人は多いのです

 

また、特に2020年以降にはコロナの影響で、自分の悩みを友人に相談するのが難しくなりました

 

このことから、うつ、適応障害の症状を訴える人は多いです

 

可能であれば、うつ、適応障害を発症している人は、先ずは治療に専念した方が賢明です

 

うつ、適応障害を抱えながら交際を進めることは、自分の中でも苦しいですし、相手にも気づかいを、させてしまうからです

 

まずは、うつ、適応障害を治療して、元気な心で交際を進めることが大切です

まとめ:結婚できない不安からうつ病を発症した時

うつ病や適応障害は、誰にでも起こりえる症状です

 

また、うつ、適応障害は勘違いされやすいのですが

精神的に弱い人が発症する

…のでは、ないのです

 

むしろ発症する人は、他人に気をつかいすぎるほど優しく、繊細な人が発症します

 

ですから、先ずは「うつ病」「適応障害」を発症した自分を責めないことが一番、大事なのです

 

そして、うつ、適応障害を発症しても、結婚している人は沢山います

 

ですから結婚できない不安から

  • うつ
  • 適応障害

に、なっても結婚を諦める必要なんて全く、有りません

 

ここまでの記事を、まとめておきます

 

結婚できない不安でうつ病の人が増えている

  • 結婚できない不安、周囲からのプレッシャー
  • うつ病になることで、さらに結婚できないのではないか、と不安
  • 泣くなどの症状がでる
  • 早めの専門家への相談が必要

 

適応障害、うつ病は結婚を諦めた方がいい?

  • うつ病や適応障害の人も結婚できる
  • ただし、相手に隠さず理解してもらうこと
  • 適応障害になっても結婚は諦める必要はないが、早めに専門家に相談することが大事
おすすめの記事